· 

空手衣での初稽古

 新入生。本日からみんなで道着を着ての稽古です。 真っさらな空手着に袖を通し、緊張した面持ちでの初稽古でしたが、立ち方、突き方、運足など、基本を中心に稽古をしました。道着を着ると、身も心も引き締まります。正しい身体操作をしないと、上着がはだけたり、帯が解けたりします。始めは動きづらく大変だと思いますが、道着を着用する事で、上達の道が開けます。稽古は、焦ることなく、地道に継続していくことが大切です。

 新入生は、月・水曜日の午後6時30分から1時間、緒川本部道場で、上久保指導員が担当しています。幼児の部9名、みんなで切磋琢磨して頑張ってほしいと思います。