2nd JKFan Cup Web1 Challenge

 7月4日~5日に、13ヶ国502名の選手が参加し「第2回JKFan Cup WEB1 CHALLENGE !!」が開催されました。当支部からは、第1回大会に続き、野上大智君が10~11歳男子形インターミディエットの部に出場しました。今大会から、エリートの部(茶帯・黒帯)とビギナー・インターミディエットの部(カラーベルト)の習熟度に分かれての試合となりました。この大会は、エントリー受付から大会実施までの全てをWebで行うバーチャル形および古武道のトーナメント。エントリーする際に登録した形の動画を、7人の全空連・世界空手連盟認定審判が技術点とアスレチック点により採点し、順位を決します。

 大智君は、初日の予選を「平安五段」で臨み、グループ3位となり、2日目のブロンズメダルマッチへと駒を進めました。

 2日目のブロンズメダルマッチを「バッサイダイ」で臨みました。試合の結果、メダル獲得とはならず、第5位の結果でした。今大会も、入賞することはできず残念ではありますが、勇気を持って挑戦した立派な結果でもあると思います。色帯同士の戦いでしたが、入賞選手とは大きな実力差があることを実感できた大会でもありました。この経験を糧に、今後の飛躍を期待したいと思います。